不動産担保 融資 借入れ 疑問 解決

不動産担保融資の借入れの疑問を解決

不動産担保融資という融資方法は、土地や建物等の不動産を担保にして、金融機関より融資を受けるローンです。
不動産をお持ちの方であれば、どなたでも融資を受ける事が出来るローンです。
不動産担保融資というネーミングを耳にした事がある方でも、不動産融資ってどのような融資方法なのかわかっていない方もいらっしゃると思います。
不動産担保融資に思われる疑問を、あらゆる方面からピックアップしご紹介致します。

 

返済能力と不動産資産価値により審査

不動産担保融資は、契約者の返済能力と不動産の資産価値を加味し融資する借入れ方法となります。
契約者の返済能力と不動産の資産価値の2つのポイントを加味して決定するのですが、割合としては不動産の資産価値のウエイトが大半であり、契約者の返済能力が余程低くない場合であれば審査に通る傾向があります。
不動産を重視した借り入れですので、不動産の資産価値の評価に対して借入金額が決定します。
不動産の価値が高ければ高い程、借り入れできる金額が高くなります。
不動産価値に対する融資金額の割合は、7割ほどといわれております。
5,000万円の資産価値であれば、7割の3,500万円が融資上限金額となります。
一般的なローンと比べると大口融資が期待できますので、多くの費用が必要な方に大変適したローンとなります。
しかし、不動産が担保となっておりますので、返済が滞った場合は担保とした不動産を失ってしまうという事となってしまいます。
担保とした不動産を失わない為に、しっかりとした返済計画を行う事が大事となります。

 

住宅ローンとはどう違うのか

同じく建物に関わる住宅ローンと似ている感じをされる方もいるようですが、全く違います。
住宅ローンは、新築住宅購入資金のローン返済、若しくはリフォームを行う事を資金使途としたローンです。
不動産担保融資は、資金使途が自由です。
更に、住宅ローンは金融機関指定の団体生命保険の加入が義務付けられますが、不動産担保融資にはそのような義務はございません。
どちらも不動産を担保とするローンではありますが、不動産担保融資の方が自由度の高いローンという事となります。

 

不動産の価値はどのように決定していくのか

担保とする不動産の評価額は、評価をする現在の資産価値となります。
不動産を購入した際の価値と勘違いされる方も多いようですが、あくまで現在の資産価値となりますので勘違いしないようにしましょう。
その為、ほとんどの場合、不動産を購入した当初より価値が下がっている可能性があります。
基本的な不動産価値の決め方とは、このような基準となります。

  • 駅に近い
  • 都心部にある
  • 生活に不便
  • 建物であれば築年数が短い

この様な内容で、不動産価値を決めていきます。

 

無職でも不動産担保融資を受ける事が出来るのか

あくまで不動産の評価が最優先となりますので、無職でも融資を受ける事が出来ると思われる方も多いと思います。
しかし、融資を受ける方の返済能力も審査に加味されますので、無職の方は審査に通る可能性は低いといえます。
融資をするという事は返済計画を考えるのですが、返済能力が無い無職の方では該当しないという判断となってしまいます。
ただし、このような方は無職でも返済能力があると判断される場合もあります。

  • これから事業を立ち上げる予定がある場合
  • 今後の明確な次行計画を提示できる場合
  • 家賃収入等毎月一定の収入がある場合

これらに該当する場合は今後の返済計画が立てられると判断される場合があり、現在無力でも融資を受ける可能性が高くなります。

 

不動産担保融資の金利はどれ位なのか

不動産担保融資は金利が安いというのも魅力の1つですが、果たしてどれ位の金利となっているのでしょうか。
各金融機関の不動産担保融資の金利を、ご紹介致します。

 

東京スター銀行 スター不動産担保ローン
  • 金利:0.90〜8.70%
  • 変動金利と固定金利(3年、5年、10年)から選択可能

 

日宝 不動産活用ローン
  • 金利:4.00〜9.90%
  • 固定金利のみ

 

つばさコーポレーション 不動産活用ローン
  • 金利:3.80〜7.80%
  • 固定金利のみ

 

ビジネクスト 不動産担保ローン
  • 金利:5.80〜15.00%
  • 固定金利のみ

 

楽天銀行 不動産担保ローン
  • 金利:3.61〜9.51%
  • 固定金利のみ(5年で金利見直し)

 

三井住友トラスト・ローン&ファイナンス 不動産担保ローン(フリーコース)
  • 金利:3.90〜7.40%(キャンペーン中は2.99〜5.99%)
  • 変動金利のみ

 

これらの不動産担保ローンの上限金利だけをとらえると、7.40〜15.00%の基準金利となります。
ビジネクストの不動産担保ローンは不動産担保融資の中では高めの金利となっておりますが、その他の不動産担保融資の金利は一般的なローンと比べるとかなりの低金利の融資利率となっております。

 

また、住宅ローンのように金利のタイプは固定金利と変動金利があり、金融機関により扱っている金利タイプが異なります。
固定金利と変動金利のどちらが得かどうかは、その時の情勢等を加味しないとわかりません。
これからの情勢を十分に考え、リスクを背負いにくい金利タイプの選択とするようにしなければいけなく、選択は簡単ではありません。

 

第二抵当権の不動産でも不動産担保と出来るのか

不動産を担保にする際には、初めてその不動産に担保が付けられる場合が第一抵当権となります。
つまり、第一抵当権の不動産というのは、1つの担保となっている物件となります。
不動産の担保というのは、場合によって1つ以上の担保を不動産に付ける事が可能であり、1つの不動産に対しもう1つの担保設定を付ける事で、第二抵当権という呼び名となります。

 

不動産担保融資を検討される際、住宅しか不動産をお持ちじゃない場合は、住宅に既に住宅ローンのご利用で抵当権が付いている場合は良くあるパターンです。
既に抵当権が付いている建物に更に抵当権を付けると、第二抵当権という名称となります。
1つの不動産に対し、ダブって抵当権が付けられている形となります。

 

不動産担保融資の際に第二抵当権でも可能なのか否かは、その不動産担保融資を扱っている金融機関により異なります。
可能な金融機関は「第二抵当権でも可」と記載がありますので、第二抵当権で不動産担保融資をご利用される際は、第二抵当権可の不動産担保融資をご利用するようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
不動産担保融資がよくわからないという方でも、これらを頭に入れる事でわかりやすいローンとなったのではないでしょうか。
難しい感じに聞こえるかもしれませんが、非常に柔軟でわかりやすい融資となります。
不動産をお持ちで安定した収入さえあればどなたでも対象となりますので、お金が必要な場合は検討される事も一つの方法となります。

不動産担保融資の借入れの疑問を解決関連ページ

不動産担保ローン借入れのメリットとデメリットとは
不動産担保ローンの一番の魅力といえば、高額融資が可能となる場合が高いという事です。不動産担保ローンの審査基準というのは、契約者の返済能力にプラスして不動産の資産価値が加味されます。中でも不動産の価値が融資金額を左右しますので、返済能力さえあれば不動産の価値に左右された金額の融資が可能という事となります。
不動産担保ローンの借入れは銀行系とノンバンク系どちらがいいの?
不動産担保ローンは、様々な金融機関で提供しております。銀行系もノンバンク系も数多く取り揃えており、どちらが良いのか詳しく解説していきます。〇銀行系の不動産担保ローン◇メリット・金利が低い金利が低く、ほとんどの銀行の不動産担保ローンで上限金利10%以下となっております。期間固定金利を採用している銀行もあり、お客様に対しとても優遇した考えを持っているというのがよくわかります。
不動産担保ローンの借入れが可能な不動産担保物件とは
不動産担保ローンをご利用してみたいけれど、持っている不動産を担保と出来るのか疑問に思われている方もいらっしゃると思います。そこで、不動産担保ローンの借入れが可能となる為の、不動産担保物件についてご紹介していきます。〇不動産担保ローンで価値がある不動産とは不動産担保ローンで担保とする不動産は、不動産として価値が高くお金に換えやすい物件が最大の条件となります。