不動産担保ローン 借入れ メリット デメリット

不動産担保ローン借入れのメリットとデメリットとは

不動産担保の借入れには、嬉しいメリットがございます。
どのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介していきます。

 

高額融資が可能な場合が高い

不動産担保ローンの一番の魅力といえば、高額融資が可能となる場合が高いという事です。
不動産担保ローンの審査基準というのは、契約者の返済能力にプラスして不動産の資産価値が加味されます。
中でも不動産の価値が融資金額を左右しますので、返済能力さえあれば不動産の価値に左右された金額の融資が可能という事となります。
不動産の価値が高ければ、億単位の融資も可能という事となります。
不動産の価値が高ければ高い程、普通のローンでは考えられない程の高額融資を受ける事が出来ます。

 

低金利が可能

不動産を担保とする事で貸し倒れリスクを低くする事が可能となり、その為低い金利での融資が可能となります。
不動産担保ローンの場合融資金額が高額になる事もありますので、低金利でご利用が出来るという事は最大のメリットとも言えるでしょう。
借り手側の負担がとても軽くなりますので、ご利用しやすいローンとなります。

 

長期に渡って借入れが可能

一般的なローンは数年の借入期間が大半ですが、不動産担保ローンは20〜30年等の長期の返済期間となっている金融機関が大半です。
高額融資となった場合、返済期間が長ければ長い方が月々の返済が楽となります。
無理なくご利用出来るのも、不動産担保ローンの大きな魅力となります。

 

使途用途に制限が無い

不動産担保ローンのほとんどが、資金使途が自由となっております。
どんな事に使ってもOKですので、教育費や医療費、リフォーム、旅行等、ご自分のニーズに合わせて使う事が可能となります。
金融機関の中に、使途用途が自由であっても使い道を見積書などの書類によって確認する金融機関もございますので、お申し込みの前にチェックするようにしましょう。

 

総量規制に該当しない場合がある

不動産担保ローンは銀行だけじゃなく消費者金融でも行っておりますが、総量規制には該当しない場合があります。
総量規制の規約には、不動産を担保とした融資の場合居宅等を除く不動産担保となる場合は、総量規制の対象外になるとうたっております。
つまり、住まわれている住宅を担保とした場合以外は、総量規制の対象外となります。
総量規制の対象外で不動産担保ローンをご利用したい場合は、ご自身が住まわれている住宅を担保にしない事がポイントとなります。
住宅であっても他人に貸している賃貸物件を担保とした場合であれば、総量規制の対象外とする事が出来ます。
また、銀行の不動産担保ローンは総量規制は関係ありませんので、ご自身が住まわれている住宅を担保としても総量規制の対象となりません。

 

ご自分名義の不動産じゃない親族の不動産でも担保が可能

不動産担保ローンの担保として使える不動産は、親族が所有する不動産でも担保設定が可能となります。
金融機関によって異なりますが、ほとんどの場合3親等以内の親族の不動産であれば不動産担保設定とする事が出来ます。
もちろん、不動産を所有している親族に了解も必要となりますし、その親族の保証人も必要となってしまいます。
また、ご自分の不動産ではない不動産を担保とするので、返済計画を特に慎重に行う必要性があります。
返済できない場合は親族の不動産を手放してしまう事となってしまいますので、良く考えてから決断をするようにしましょう。

 

おまとめローンとして使う事が可能

不動産担保ローンは大口融資が可能な為、他社からの複数の借入れを1つにまとめる事が出来る、おまとめローンとしてご利用する事も可能です。
不動産担保ローンは低金利ですので、1つに借金をまとめる事で返済する金額の総額を少なくさせる事も可能となります。
他社からの借入れ件数が多く困っている方に、大変重宝されている方法となっております。

 

デメリットも把握しよう

不動産担保ローンには、残念ながらデメリットもございます。
どのようなローンにもデメリットは必ずありますので、デメリットもしっかり受け止めて不動産担保ローンのご利用を検討するようにしてみましょう。
不動産担保ローンのデメリットは、これらが挙げられます。

 

返済が出来ない場合は不動産担保を失ってしまう

当然ですが、返済が滞ってしまった場合は担保とした不動産を失ってしまいます。
不動産を失わない為には、期日通りの返済をする事が原則となります。

 

担保価値が下がってしまい不足分の金額が発生する事もある

不動産担保ローンというのはお申し込みの際の不動産価値よりもその後価値が下がってしまう事が十分に考えられます。
それらを加味した融資額を決定するので金額に対し余裕はあるはずなのですが、支払い後半になるにつれて担保とした不動産の価値と融資とした金額とが似合わなく、差額が発生してしまう場合があります。
その場合は、後に不足分の返済も必要となってしまいます。
また、追加担保でまかなう事も可能な場合もありますので、事前に金融機関側に問い合わせて把握しておくと良いでしょう。

 

不動産担保ローンには諸費用がかかる

不動産担保ローンには、鑑定の費用や登記にかかる費用、印紙代などの諸費用がかかります。
その費用を決定した融資額より差し引きされますので、決定した融資費用よりも少ない支払いとなってしまいます。

 

一括支払いの際の手数料が発生する

途中で一括で全額支払いたい場合は、金融機関側としては当初計画をしていた利息を回収その為、一括支払いの際は違約金として手数料が請求されてしまう事があります。

 

抵当権設定が登記簿に記載されるので第三者に知られてしまう

抵当権設定をする事で、登記簿にその旨を記載されてしまいます。
その為、登記簿閲覧により第三者に不動産担保ローンのご利用が知られてしまいます。
一般的なローンですので特に問題は無いのですが、そういう事を知られる事が嫌な方には苦痛と思われるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンは便利なローンですので、メリットやデメリットもしっかり把握した上でご利用を検討してみるようにしましょう。

不動産担保ローン借入れのメリットとデメリットとは関連ページ

不動産担保融資の借入れの疑問を解決
不動産担保融資という融資方法は、土地や建物等の不動産を担保にして、金融機関より融資を受けるローンです。不動産をお持ちの方であれば、どなたでも融資を受ける事が出来るローンです。不動産担保融資というネーミングを耳にした事がある方でも、不動産融資ってどのような融資方法なのかわかっていない方もいらっしゃると思います。
不動産担保ローンの借入れは銀行系とノンバンク系どちらがいいの?
不動産担保ローンは、様々な金融機関で提供しております。銀行系もノンバンク系も数多く取り揃えており、どちらが良いのか詳しく解説していきます。〇銀行系の不動産担保ローン◇メリット・金利が低い金利が低く、ほとんどの銀行の不動産担保ローンで上限金利10%以下となっております。期間固定金利を採用している銀行もあり、お客様に対しとても優遇した考えを持っているというのがよくわかります。
不動産担保ローンの借入れが可能な不動産担保物件とは
不動産担保ローンをご利用してみたいけれど、持っている不動産を担保と出来るのか疑問に思われている方もいらっしゃると思います。そこで、不動産担保ローンの借入れが可能となる為の、不動産担保物件についてご紹介していきます。〇不動産担保ローンで価値がある不動産とは不動産担保ローンで担保とする不動産は、不動産として価値が高くお金に換えやすい物件が最大の条件となります。