不動産担保ローン 借入れ 可能 不動産担保物件

不動産担保ローンの借入れが可能な不動産担保物件とは

不動産担保ローンをご利用してみたいけれど、持っている不動産を担保と出来るのか疑問に思われている方もいらっしゃると思います。
そこで、不動産担保ローンの借入れが可能となる為の、不動産担保物件についてご紹介していきます。

 

不動産担保ローンで価値がある不動産とは

不動産担保ローンで担保とする不動産は、不動産として価値が高くお金に換えやすい物件が最大の条件となります。
お金に換える事が出来る価値があり、お金に換えやすい不動産であることが必須となります。

  • そのまま普通に住むことが出来る物件
  • 万人が使いやすい場所にある物件

この2つがクリアしていれば、不動産担保として価値が付く物件といえます。
ご自分で考えてもご利用しにくいと思う不動産であれば、価値はつかないといえます。

 

更に、これらが加味していれば、不動産としての価値がグンと上がります。

  • 築年数が短い建物
  • 土地の金額が高い
  • 幹線道路に近い
  • 利便性が高い場所にある

この様な物件は、特に不動産担保物件としての価値が上がり評価額が高くなります。

 

不動産担保と出来る不動産とは

不動産担保と出来る不動産は、このような物件となります。

  • 宅地
  • 住宅
  • アパート
  • マンション
  • 駐車場
  • これら以外の賃貸物件

これらの、お金に換える事が出来る価値があってお金に換える事が出来る不動産である事が条件となります。

 

このような不動産物件は担保として融資を受ける事が出来ない可能性も

担保と出来る不動産は売買してお金を生む事が出来ることが必須条件であり、換価性の低い物件では担保として融資を受ける事が難しくなってしまいます。
これらの物件は、要注意となります。

 

換価性の低い不動産物件

換価性の低い不動産物件とは、過疎地にある建物、災害の恐れがある場所にある建物、築年数の古い建物、再建築不可物件等、このような建物は不動産評価額が低くなってしまい買い手が付きにくい物件と断定され、担保と出来ない場合がございます。

 

利用の制限がある不動産物件

農地や保安林は国の制限を受けるため、一般的に使い勝手が厳しい物件となります。
また、社寺、福祉などの公共の物件、道路に接していない物件も厳しい物件となります。
このような土地を不動産担保としても売買や転用が難しいので、不動産担保と出来ない場合があります。

 

権利関係により使用が難しい不動産物件

訴訟中の不動産物件や競売にかかっている物件は、後に所有者が変わる恐れがありますので、不動産担保とは出来ません。

 

ノンバンク系であっても不動産物件の審査に柔軟な訳ではない

ノンバンク系は審査が柔軟なので、築年数が古い物件でも担保と出来るのではと思われている方もいらっしゃるようですが、ノンバンク系であっても価値の付きにくい物件に対し高く評価をするという事はありません。
ノンバンク系は審査が甘い傾向がありますので、不動産の評価に対しても審査が甘いと思われる方もいらっしゃるようですが、評価が低い物を高く評価する事はありません。
昔の家のように築年数が古くそのままでは生活できないような物件では、不動産担保として扱う事は出来ません。

 

金融機関の対応できる地域の不動産じゃないと担保に出来ない場合がある

不動産担保ローンで担保とする不動産は、審査の際に物件の調査が必要となります。
その為、ご利用する金融機関が出向ける範囲の物件でなければいけません。
各金融機関には不動産の範囲を指定している場合もあり、その範囲に入っていない不動産であれば担保と出来ない場合があります。
あらかじめ、ご自分が持っている不動産は金融機関の範囲に入っているのかを確かめるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンで担保とする物件は、難しく考えると難しくなってしまいます。
普通に考えて使える物件なのかそうじゃないのかで考え、担保物件とするようにしてみましょう。
わからない場合は金融機関の方で相談に乗ってくれますので、ご相談をしてみると良いでしょう。

 

不動産担保ローンの借入れが可能な不動産担保物件とは関連ページ

不動産担保融資の借入れの疑問を解決
不動産担保融資という融資方法は、土地や建物等の不動産を担保にして、金融機関より融資を受けるローンです。不動産をお持ちの方であれば、どなたでも融資を受ける事が出来るローンです。不動産担保融資というネーミングを耳にした事がある方でも、不動産融資ってどのような融資方法なのかわかっていない方もいらっしゃると思います。
不動産担保ローン借入れのメリットとデメリットとは
不動産担保ローンの一番の魅力といえば、高額融資が可能となる場合が高いという事です。不動産担保ローンの審査基準というのは、契約者の返済能力にプラスして不動産の資産価値が加味されます。中でも不動産の価値が融資金額を左右しますので、返済能力さえあれば不動産の価値に左右された金額の融資が可能という事となります。
不動産担保ローンの借入れは銀行系とノンバンク系どちらがいいの?
不動産担保ローンは、様々な金融機関で提供しております。銀行系もノンバンク系も数多く取り揃えており、どちらが良いのか詳しく解説していきます。〇銀行系の不動産担保ローン◇メリット・金利が低い金利が低く、ほとんどの銀行の不動産担保ローンで上限金利10%以下となっております。期間固定金利を採用している銀行もあり、お客様に対しとても優遇した考えを持っているというのがよくわかります。