不動産 担保 融資 審査

不動産担保融資 審査

不動産担保融資とは、不動産を担保にして融資を受けることを言います。
無担保融資よりも低金利で融資額が高いとされています。
銀行だけではなく、不動産担保融資を専門に扱うノンバンク系の金融機関もあります。

 

不動産担保融資は不動産担保ローンと同じ意味になります。
担保として土地や建物があり、それに見合うだけの融資額を金融機関が設定します。
使途自由のフリーローンです。
カードローンなどでは到底追いつかない高額な融資が特徴ですが、もちろん担保となる不動産の評価額が基準になります。
ですから、価値が低い不動産では、融資額もあまりないのです。

 

不動産担保融資の審査に関しては、住宅ローン、普通のカードローンよりも甘いとされています。
収入が一番の審査基準となります。
個人情報機関などで、他社借入なども調べられますが、多重債務者であったとしても、時にはブラックリストだとしても、不動産担保融資が受けられる可能性は高いです。

 

担保の有無がポイントで、返済ができない変わりに不動産がありますから、万が一の場合でも、無担保ローンのように未回収部分が大きくならないことで、貸付には甘くなっているのです。
当然返済ができないと、不動産は競売にかけられることになります。
審査が甘いことで、消費者金融などで借入ができない方でも不動産担保融資ならまとまったお金を手にすることができます。

 

個人であっても法人でも対応していて、借金のまとめローン、事業資金と使い方は自由です。
ただし、完済しなければ不動産を失くしてしまう危機管理は常に持つことが必要とされていますが、言い換えれば不動産がなくなっても良いのなら返済もしなくても罪にはならないということです。

 

最初からそんなことを考える方はいないのですが、借りるときには返済能力が保つことができたとしても、途中から情勢が変化することはあります。
そうした場合、返済額などの交渉もできますが、いっそのこと手放す覚悟ができれば、ローン返済の必要もなく、借金もなくなります。
財産も失うことですが、普通の借金などとは違い、審査が甘い分、そんな危険な要素も含まれているのです。
不動産担保ではなく、保証人である場合、迷惑をかける事になりますが、宿なし人生で良いのなら、借りるだけ借りてしまおう、そんな無謀な計画も立てることができるのが不動産担保融資です。

 

不動産担保融資 審査記事一覧

不動産担保融資の評価額に関しては、公示価格の8割程度で設定されています。その上銀行などの金融機関独自の評価になりますから、もっと低い評価額になると思ったほうが良いです。自分が購入した金額はまったくあてにならないことです。現在の大まかな売却価格を知るためには、路線価を調べた上に、不動産一括査定サイトなどでの価格を確認されることをおすすめします。こちらはまた、売買で価格に前後はあるものの、だいたいの予...

東京スター銀行のスター不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受けることができます。多分不動産担保融資としては一番金利が低い1%未満です。住宅ローンよりも低金利です。はっきり言って、これだけで十分な魅力的な商品です。どんなに他の銀行やローン会社での不動産担保融資と言っても、こんなに安いところはないでしょう。リバースモーゲージなど先進的なローンを展開し、住宅ローンの金利も低いと評判です。もともと...

不動産担保融資の審査では、収入の有無が不明確です。はっきりと収入がある方を対象にしているのが銀行で、無収入の方は借りることができません。しかし、ローン会社の場合は、無収入でも審査に通ることがあります。無担保ローンではない話ですが、担保があることで一応の信用ができるとも言われますが、無収入で不動産担保融資の場合、不動産を失う危機は当然出てしまいます。それを承知のフリーローンなのですが、金融機関として...

不動産担保融資の場合、値上がりしている土地などでは審査基準が緩みます。評価額が上がると融資額も増えます。個人はもちろんですが、法人の場合、赤字経営でも借り続けることができます。もしものときの不動産担保没収に対しても、収益が見込める場合の金融機関の目論見です。このあたりは現実的な話ですが、反対に下落し続けている場合は審査も厳しくなります。不動産担保融資で、審査が厳しくなるのは、融資額が大きく減少する...