不動産担保融資 比較

不動産担保融資は比較して決めるのが良い

不動産担保融資の評価額に関しては、公示価格の8割程度で設定されています。
その上銀行などの金融機関独自の評価になりますから、もっと低い評価額になると思ったほうが良いです。
自分が購入した金額はまったくあてにならないことです。
現在の大まかな売却価格を知るためには、路線価を調べた上に、不動産一括査定サイトなどでの価格を確認されることをおすすめします。
こちらはまた、売買で価格に前後はあるものの、だいたいの予想は付きます。
実際に借入れができる金額は、その7割程度だと言われています。
最初から低い予想の基準で考えておくと、実際の数字が出たとしても落ち込むことはないでしょう。

 

不動産担保融資のローン会社は、銀行だけではありません。
現在は、インターネットで全国対応で審査ができるので、時間的な余裕がある方は、いくつか目を付けた銀行やローン会社に審査を依頼してみましょう。
ここで、評価額に大きな差が出た場合、実際の借入先の選択に大きな要素となります。

 

不動産担保融資では、最初から自分が希望額を出してその価格になると言うよりは、金融機関からこの不動産ならこの融資額ですと提示されることになります。
カードローンのように100万円借りたいという形ではないため、価値としては100万円ありましたとの提示から、では、いくら借入れをしようか?ということになります。

 

例えば500万円の資金がほしいけれど、400万円しかなかったですなんていうこともあり得ます。
また、500万円ピッタリの評価額出しとても、実際の借入れはこの7割となると、思惑どおりにいかない場合もあります。
借入れについては、比較をするときには、実際の借入れができる金額、利息、返済期間などを検討することが必要です。

 

利息は低ければ低いほど良いのですが、返済期間が最初から長いと、総返済額は高くなってしまうことがあります。
途中の繰り上げ返済にも手数料等がとても高いなどの条件もあったり、簡単に决めない方が良い場合もあります。

 

一般に銀行の不動産担保融資は低金利ですが、ローン会社は高い金利だとされています。
いずれも種類としてはフリーローンで何にでも使用可能です。
審査に関しては、無担保ローンよりは甘いとされていますが、銀行は厳しく、ローン会社の方が受けやすいです。
となると、銀行の方が有利ですが、審査期間がとても長く、1ヶ月以上待たされて、審査落ちになってがっかりした方も多いようです。
急ぎの資金調達では、銀行は不利です。

不動産担保融資は比較して決めるのが良い関連ページ

東京スター銀行の不動産担保融資は魅力の低金利
東京スター銀行のスター不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受けることができます。多分不動産担保融資としては一番金利が低い1%未満です。住宅ローンよりも低金利です。はっきり言って、これだけで十分な魅力的な商品です。
不動産担保融資の審査は甘いからこそ考えたいこと
不動産担保融資の審査では、収入の有無が不明確です。はっきりと収入がある方を対象にしているのが銀行で、無収入の方は借りることができません。しかし、ローン会社の場合は、無収入でも審査に通ることがあります。
不動産担保融資のデメリット
不動産担保融資の場合、値上がりしている土地などでは審査基準が緩みます。評価額が上がると融資額も増えます。個人はもちろんですが、法人の場合、赤字経営でも借り続けることができます。もしものときの不動産担保没収に対しても、収益が見込める場合の金融機関の目論見です。