不動産担保融資 審査 甘い

不動産担保融資の審査は甘いからこそ考えたいこと

不動産担保融資の審査では、収入の有無が不明確です。
はっきりと収入がある方を対象にしているのが銀行で、無収入の方は借りることができません。
しかし、ローン会社の場合は、無収入でも審査に通ることがあります。

 

無担保ローンではない話ですが、担保があることで一応の信用ができるとも言われますが、無収入で不動産担保融資の場合、不動産を失う危機は当然出てしまいます。
それを承知のフリーローンなのですが、金融機関としては、返済ができないのであれば不動産を没収することができますので、まったく損をするような取引きではありません。
ただし一部のローン会社では、無収入の場合は融資額などを下げることもありますが、金融機関の危機管理としては仕方のないことです。

 

カードローンと比較して、不動産担保融資の審査は甘いとされています。
多重債務もまとめローンとして利用したいと目的を言えば対応する金融機関も多いです。
目的として、不動産担保融資でまとめローンは、賢い選択です。
物件によって何千万円という融資が可能な不動産担保融資ですが、事業資金ではない場合は、返済も大変です。

 

消費者金融のキャッシングと違い、返済期間が長いのが特徴です。
10年以内と言えば短期間の方ですが、20年・30年という返済もありです。
これは住宅ローンと同じ感覚ですが、この期間を使ってでも完済することができれば手放すことがないので、納得行く返済方法を選択すると良いでしょう。
最も100万円程度の場合、そんなに長い返済期間ではないでしょうが。

 

個人向けの場合、家のリフォーム、教育資金などに利用する方もいます。
一度に多額で低金利、総量規制なども関係なく融資を受けられることから、不動産担保融資は、他のキャッシングや融資とは形が違います。
不動産担保で有利に話を進められることができるからです。
高い返済能力が求められない、審査がそれほど厳しくはないのですが、不動産担保融資は、手続きなどで最初手数料等がかかります。

 

手数料をかけて、借入れができ、返済できなくなれば不動産担保を没収。
金融機関としては、担保という武器を所持していることで、審査なども大目に見ることができます。
まとめローンなどにも有効とされ、長期間返済でしたら、毎月の負担もあまりありません。
ただし、没収に関しては回避したいことですから、返済計画をきちんと立ててからの利用がおすすめです。

不動産担保融資の審査は甘いからこそ考えたいこと関連ページ

不動産担保融資は比較して決めるのが良い
不動産担保融資の評価額に関しては、公示価格の8割程度で設定されています。その上銀行などの金融機関独自の評価になりますから、もっと低い評価額になると思ったほうが良いです。自分が購入した金額はまったくあてにならないことです。
東京スター銀行の不動産担保融資は魅力の低金利
東京スター銀行のスター不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受けることができます。多分不動産担保融資としては一番金利が低い1%未満です。住宅ローンよりも低金利です。はっきり言って、これだけで十分な魅力的な商品です。
不動産担保融資のデメリット
不動産担保融資の場合、値上がりしている土地などでは審査基準が緩みます。評価額が上がると融資額も増えます。個人はもちろんですが、法人の場合、赤字経営でも借り続けることができます。もしものときの不動産担保没収に対しても、収益が見込める場合の金融機関の目論見です。